【池田遙邨】 「山頂の野原」 版画(リトグラフ) 10号大 軸装【・書画肆しみづ】-石版画

池田遙邨 いけだようそん(1895―1988) 日本画家岡山市に生まれる。初め大阪で洋画を学んだが、やがて小野竹喬を知り、その影響で日本画に転じて1918年 竹内栖鳳の門に入った。内面性を重んじた暗い表現、大和絵風の表現などを経て、滋味と飄逸味をもつ作品を日展に発表し続けた。1953年画塾青塔社を設立して後進の育成にも意を注ぐ。日本芸術院会員。1987年文化勲章受章



ご不明な点は?

・作品について
・ご注文・返品について
・額について